FC2ブログ














2011オートポリススーパー2&4(全日本ロードレース第2戦) その3

 その3です。

 今回のオートポリススーパー2&4、

 名前からもわかるように2輪と4輪の合同開催レース。

 全日本格式の2輪4輪の合同開催レースって今まであんまりなかったですよね。

 九州では初開催らしいのですが、

 今となっては集客率の問題なんかもあるんでしょうかね~

 でも創設者的には普段見ることのない4輪トップカテゴリのレース風景や

 ピットやパドック風景も見ることができてよかったですよ。

 
 しかし、全日本格式のレースを2輪4輪合同開催ともなると、、、

 パドックの風景もちょっと違いますね~

 デカいトランスポーターの多いこと。
 
 
 
 
 これにJSBクラスが加わったらパドックがいっぱいになっちゃいますね~

 しかし、4輪のチームはお金のかかり方が半端じゃないです。。

 お金の塊がサーキットを移動してるって感じですかね(笑)

 まぁ、この華やかさがないと全日本格式のレースイベントとしては

 物足りなさを感じるんでしょうね~

 今回2輪はST600クラスのみの開催だったので、

 メーカー色ギンギラギンのワークスチームは来ていませんでしたが、

 さすがに全日本フル参戦のトップチームはトランスポーターも大きいですし

 4輪にまけじとカラーリングも派手で目をひきます。。

 その中でも目立っていたのがST600亀谷選手のトランスポーター
 
 
 
 これ、元はベンツかネオプランのバスですかね~??

 モーターホーム系のスタイルのトランスポーターで

 コンチネンタルサーカスチックな雰囲気が出ていていい味出してます。

 あと、4輪ではスカニアのトレーラーヘッドがやたら多かったですよ。

 やっぱりユーロチックなパドックのカッコよさを目指してるんですかね~


 で、創設者が今回応援しに行ったデーククラフトレーシングのパドックは

 こっち↓
 
 小さくても夢がいっぱい詰まった密度の濃いファクトリーテントです。

 創設者は大好きなんですよ。こ~ゆ~の(笑)

 経験豊かな監督兼メカニックのデーククラフト代表の井上さんと、

 世界GPにも参戦していた経歴をもつレーシングライダー宮崎敦選手の

 コンビで始まった今回の参戦プロジェクト。

 全日本初参戦とはいえ、チームスタッフの皆さんも

 なれた手つきでてきぱきと仕事をこなしていました。

 その結果第1レース、第2レースと順位を上げ、

 第2レースでは9位でゴールしていました。

 即席たった1か月ちょっとの準備期間でここまでの結果を出してしまう・・・

 正直、凄いな。って思いました。

 ほんとにみなさんお疲れ様でした。

 そんなデーククラフトさんのブログに今回のことがアップされていましたよ ←クリック

 
 ほかにも小さいテントで頑張ってるチームがたくさんいました。

 昔は全日本選手権でもテントもなくトランポの後ろにマシンを出して

 参戦していたプライベーターだっていっぱいいたんですから、

 もっともっと夢をもって参戦するライダーがたくさん出てきてほしいですね~

 
 
スポンサーサイト



[ 2011/06/08 06:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)