FC2ブログ














サーキットを空から見てみた・・・その3

 だんだんと南下してきました。。

 え~次はここ↓

 

 栃木県茂木町にある全長4.8kmのサーキットですね。

 オーバル型の部分はロードコースとは別物で、

 小さいコースも含めていくつかのコースが敷地内にあります。

 そんなに長い歴史のあるサーキットではないですが、

 今では2輪4輪問わずビッグレースもかなり開催されている

 日本でも有数のサーキットになってしまいました。

 とゆ~ことで、『ツインリンクもてぎ』ですね。http://www.twinring.jp/

 オープン前年にはMFJの住所録で送られて来たのか分かりませんが、

 ライセンスとりましょうよのお知らせが何度か来ていました(笑)

 創設者が九州に来た年に、やはりレースが恋しくなり、

 もて耐に参戦しようという話がありましたが、

 九州から走りに行くのも無謀ということでその話はとん挫してしまいました~わはは・・

 ホンダ系のサーキットだけあってお金かかってます。。

 空から見るとエスケープゾーンの広いこと。。さすがです。。


 さて、栃木県も関東ですが、2輪で関東のサーキットと言えば茨城県の・・・

 2輪レース全盛期の頃ではここしかありません↓

 

 もう、お分かりですね~~

 そう、『筑波サーキット』ですね。http://www.jasc.or.jp/

 現在の全長は2,070m(2輪コース)、茨城県千代川村にあります。

 創設者が初めて走った時は内側のヘアピンを過ぎた後に

 MCコーナーと呼ばれるシケインみたいなコーナーはありませんでした。

 なので、ヘアピン抜けて右コーナー回ったら結構高速での左コーナーだったんですね~

 そうそう、「左高速」って呼んでましたね~

 おそらく、2輪は危ないんで減速させたんでしょうね。。

 創設者的が走り始めた1980年代後半、

 鬼のような人たちが集まるサーキットって感じだったですね(笑)

 面白いのは、筑波サーキットはオートレースの関連団体だけあって

 オートレース選手養成のためのまあるいオーバルコースが横にあります。

 初めて筑波サーキットに行った時、遠くからエンドレスな走行音が響いていたんですが、

 それがオートレーサーだと気づくまで、しばらく時間がかかりました(笑)


 さて次行ってみますか。。

 昔は間違いなく日本を代表するサーキットだったですね~

 4輪のビッグレースはみんなここでしたね。。

 ココ、ココ↓

 

 創設者が、生まれて初めてサーキットライセンスっちゅ~物を取得したサーキットです。

 講習時、講師が『お金のない人はレースはしないでください』って言ってたのが

 今でもはっきりと映像とともに頭に焼きついています(笑)

 レースを続けている間、生活が苦しくなると、必ずその言葉を思い出してしまい、

 「ああ~、なんで俺こんなことしてんだろ」と思わせてくれた悪魔(天使か?)の言葉です。

 現在はトヨタのコースになってしまった『富士スピードウェイ』です。
 http://www.fsw.tv/index.html

 静岡県駿東郡小山町にあるサーキットですが、創設者が走っていた頃とは

 ストレートとヘアピン以外?かなりコースが変貌しちゃっています。

 初めて走った時は、あまりにも広くてどこをどう走っていいのか分かりませんでした(笑)

 ストレートは長すぎて眠くなるくらい(なわけね~だろ)で、

 今は知りませんが、エスケープゾーンは軽石だったと記憶しています。

 1987年頃は2輪レースはMCFAJのレースしか開催されていませんでしたね~

 それから数年?たってMFJのレースが行われるようになって

 全日本のGP500のマシンが300km/hオーバーで走っててびっくりしたことがあります。

 そういえば、昔はFISCO(フィスコ)って呼んでいました。

 富士インターナショナルスピードウェイカンパニーの略ですかね。

 パドックへ行くときにストレート下をくぐるトンネルの上に

 wellcome fiscoって書いてあったのを思い出しますなぁ~~

 創設者は昔のちょっと薄汚れた富士スピードウェイが好きでたまりません。。

 懐かしいですなぁ~~~


 その4に続く。。。

スポンサーサイト



[ 2010/12/02 22:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/138-ba475a90