FC2ブログ














埋立地で生きているんだワン

 日曜日、久しぶりに創設者の奥さんと乗用車で南に向かってドライブした。

 といってもすぐその辺ですが(笑)

 大宰府インターから高速に乗ったんですが・・・

 やっぱり広川インター(高速4区間です)で降りて国道3号を八女方面へ。

 途中、3桁国道と交差したとこで右折(だいたいどこへ行ってんだ・・笑)

 しばらく行くと以前誰かに美味しいと聞いたとんかつ屋さんがあったので、

 通り過ぎた後、やっぱりUターンして寄ってみた。

 お世辞にもきれいなお店とは言えないが、とんかつはとても美味しかった。

 その後、なぜか大牟田方面へと走り・・・

 熊本県荒尾市に入ったところで折り返したんですが、

 有明海をちょっと見てみようと思い、埋立地を突き進んで行くと・・・

 土砂を積み上げたような山があって、その上になにかいるような・・・

 


 ん??? 


 なんですかね。。アレは・・・

 こっちを見ています~~


 

 あっ、ワンちゃんじゃないですか!

 
 なんであんなとこにいるんですかね~~


 首輪はしていないぞ・・

 野犬だね~

 ってゆ~か野犬になっちゃったのかな~みたいな感じで

 こんな埋立地でどうやって生きてるんですかね~

 まぁ、野犬はこわいのでそれ以上近づくことはしませんでしたが、

 下界を見下ろすワンちゃん、

 もしかしたら自由を求めて脱走してきたのかもしれませんね~


 昔、創設者の母から聞いた、母が小さい頃家で飼っていた犬の話を思い出した。

 創設者の母は北海道の上砂川っていう炭鉱で栄えた小さな街で幼少期を過ごしていて、

 大牟田も炭鉱で栄えた町と聞いていたので思い出したのかもしれない。

 母が学校へ登校する時、飼っていたシロ(だっけな)という犬はよくついてきていたらしい。

 ある日、川にかかった高い橋を歩いていたとき、

 シロは足を滑らせて川に落ちてしまい、行方不明に・・・
 (おそらく石炭トロッコが走っていたような細い橋なんだろうと思う)

 すでにシロは死んでしまったと諦めていた数週間後、

 玄関で吠える犬がいるので戸をあけて見るとシロが帰ってきたとのこと。

 ちゃんと飼っていた犬はそんなことがあっても

 飼い主のところにちゃ~んと戻ってくるんだねぇ~

 と母は言っていた。


 下界を見下ろしているワンちゃんたちはどうだったのだろうか。

 なんかいろいろ考えてしまった創設者なのであった。
 

 

スポンサーサイト
[ 2011/08/08 20:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/256-ee23e2e8