FC2ブログ














ネジ山補修玉になるほど~

ボルトをねじ込むネジ山が崩れてしまった時に使うツールの

ネジ山の玉を装着した状態のカットモデルを見て納得したのでアップです。



昔はそんなものなかったので(有ったのかもしれないけど知らなかったです)

創設者の場合、ネジ山を崩してしまってワンサイズ大きなタップを立てて

対応したなんてことが結構有ったんですが(結構有ること自体問題・・笑)

特に 締め付けトルクの管理をちゃんとしていない鋳造パーツのネジ山が崩れまくり(わはは~)

なんてったってレースを始めたころの創設者青春の愛車、87RS125なんか

クランクケースの合わせとケース内部とシリンダ、シリンダヘッド以外

ほぼ テルクレンチだっだからね~~~笑

だから創設者のタップ&ダイスのセットはフルセットでしたね~(自慢にもならん)

ま~そんなことはど~でもいいんだけど。。。


このカットモデルをアップして見てみましょう~



この中にハマってる玉、総削り出し一体形成の鋼の玉。

こういう補修玉は各メーカーいろんなタイプが有るようですが、

画像のタイプはかなり高い精度と強度が出そうです。

玉上部はフランジが付いているのでボルトを締めこんだ時に下に抜け落ちることがない。

これは凄いなと思ったのは外側と内側のネジ山がシンクロしているので全体的な肉厚が薄い。

カットモデルを見ると密着度が目で見て分かるので、これには創設者も納得ですな。

この製品の能書きによると玉を圧入するツールにより玉の底部が外側に押し広げられ

圧着することによってプラグ穴などの内部圧が高い部位でも使えるそうだ。。



ん~~コレは補修とゆ~より補強だな・・


わはは~~~

スポンサーサイト



[ 2012/02/25 19:23 ] ひとりごと | TB(0) | CM(2)

→名無しさん

こんにちは。
WURTHのTIME-SERTという製品です。
安くはないですが、いい製品と思います。
[ 2013/07/19 20:04 ] [ 編集 ]

教えて下さい。このネジ山補修剤はどこの製品ですか。
[ 2013/07/19 11:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/335-3045de13