FC2ブログ














ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号 はなんだ?

とあることがきっかけでホンダのフォークオイルを取り寄せてみました。

今回あ~だこ~だ長文なので読むのがメンド~な人はパスしてね。


まずこれを見てください。

↓HRCのホームページにあるホンダNSF250Rのサスセッティングデータ。


今年からNSF250Rでレースをされているライダーは

もう、Fサスペンションはバラしてみましたか?

バラして組むときは普通、新しいサスペンションオイルを入れますよね??

純正品?それとも社外品?

社外品を使用する場合、純正品の動粘度(普通40℃のね)を知る必要がありますよね?

NSF250Rの場合、フロントフォークオイルの指定は

ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号 となっていますが、

動粘度なんかわざわざ記述していません。。

とゆ~か、ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号ってオイル、今まで聞いたことありませんね。

ホンダもしくはHRCのニュータイプのサスペンションオイルですかね~

どこを探してもULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号の情報なんか現時点ではありません。

サスはSHOWA製なのでオイルもSHOWA製だとしたら、

SHOWAのSS19っていうかなり柔いサスペンションオイルがあるので

おそらくそれと同じではないかと思いましたが、

40℃の動粘度データがどこにも見当たりません。

かなり低粘度のオイルのようですが・・・・

だいたいメーカーはオイルの代表性状くらい公表すりゃ~い~のにと思い、

ある方にお願いして直接S〇〇〇〇に聞いてもらったんですが、

企業秘密とゆ~ことで(意味がわからん!)知ることができませんでした。
(わざわざ創設者のために動いていただいたTさん、ありがとうございました)

だったら純正品注文して調べたろっつ~ことで

軍曹に頼んで某HRCショップにNSF250RのFサスペンションオイルを頼んでもらった。

あくまでも『NSF250RのFサスペンションオイル』をだ。

そして来たのがコレ↓



お~い、どこに書いてあるんだよ!

ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号ってよ!

SHOWAのSS19が来るのならなんとなく理解できるけど、

SS6(#5)って書いてあるぞ!!

でもこれでいいらしいとのこと。

ん~~~納得がいかん。

確かにHRCショップや昨年からマシンを供給されたチームには

ある程度のオイルに関するデータ等が行き届いているとは思うので、

このオイルで遜色はないのだと思うが

一般消費者からすれば納得いかないでしょコレ。


え~~いめんどくさい!

ということで某H氏に直接HRCに聞いてもらった。

いままでの流れを説明し・・・

HRCの結論。 『そのサスペンションオイルは違います。』

だって。

じゃぁ~どこからSHOWAのSR6が出てくんだよ!

意味がわかんね~っつ~んだよ。

それではULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号というオイルはあるのですね?

『あります。』

だそ~だ。

マニュアルには部品番号も何も記述されてませんが??

『HRCの部品番号では登録されていません。ホンダの純正品番で
登録されているので部品番号をお教えします。』

ということで部品番号を教えてもらった。

部品番号:08294-99901

さぁ、今一度注文してみようではないか!!!!

それも同じショップに(笑


待つこと数日間。。。


入荷しました。【ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号】

コレだ!!!↓


おぉ~~~いっ!!!

お前らふざけてんのか!! (注:ショップさんが悪いわけではありません。)

問題なのはHRCだよHRC!

どこにULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号って書いてあんだよ!!

この時点でもう、笑いが止まりませんね(わはは~~~~^^)

たぶんHRCが言ってるんだからこれで間違いはないと思います。

が、

責任は取りません(笑)

一応、裏側も見る???見る??

はい↓


どう見てもウルトラクッションスペシャルⅣ 5号 だよね。

=(イコール)ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号ってことでいいのかな(笑


っつ~ことは・・・

ULTRA CUSHION SPL OIL,SS19号のパッケージは存在しないことになるぞ。。。


いずれにしても40℃の粘度は 16.0㎜²/s弱ってところなんで、

社外品使って純正と同じ粘度にしたい場合は16.0㎜²/s前後に合わせるとよいと思います。

が、HRCがいい加減なんで、創設者も責任は取りません(笑)


それにしてもH氏の話だと純正サス仕様の車両は進入でのスリップダウンが多いとのことですが

まだまだ発展途上のNSF250Rってとこですね。

ということはこれからが楽しみってことでいいことにしましょうかね~

RS125だって少しずつ進化していったのですから。。ね。


PS:今回の件では創設者に代わってTさん、軍曹、H氏、動いて頂きありがとうございました。

スポンサーサイト




No title

NSFは部品も入らないらしいですね~、レース車両なのに・・・。
何処でつくってるんでしょうか・・・東南アジア?笑)
最近、ちょっとオカシイと距離の遠い私でも感じますよ~。
[ 2012/04/27 08:59 ] [ 編集 ]

No title

OZ!様

そ~なんですか。
現行モデルで部品が入りにくいとは
こまりものですね~(笑
もっともっとNSFユーザー増やして
HRCをその気にさせないとイカンですね!笑
ということで、
一生懸命2輪レースを盛り上げて行きましょう!
[ 2012/04/27 12:58 ] [ 編集 ]

No title

まったく笑える展開ですね。
いろいろ調べていただきありがとうございました。

NSFは純正パーツの供給状態もよくなくて、
ステップバーすらB/Oになってます。
FIのマップ変更に必要なインターフェースケーブルも欠品中です。
国内の冷え切った2輪ロードレースを象徴するような状況です。
[ 2012/04/30 11:56 ] [ 編集 ]

No title

DeakCraft 様

いやほんと笑っちゃいました。
製品をリリースするメーカーとして
こんなことあっていいのかと・・・笑

ホントに部品供給がよろしくないみたいですね。
ステップバーがB/Oとは、転ぶなってことですね(笑
いやぁ~~びっくりです。。
[ 2012/04/30 21:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/363-0809ad13