FC2ブログ














今年の鈴鹿8耐。夢を乗せた熊『くまモン』が走る

今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース。

創設者が応援するマシンが参戦している。

このにっこり熊さんが描かれたYAMAHA YZF-R1だ。


BSさんのFBページブリヂストン鈴鹿8耐応援プロジェクト 2012より画像パクリです


YAMAHA8耐スペシャルサイトより画像パクリです

鈴鹿8時間耐久レースと言えば2輪レースを知らない人でも、

どこかで聞いたことがあるのではないだろ~か。

1980~90年代には観客動員数は軽く10万人を超え、

バイクブームが去った今でも国内ロードレースの超ビッグイベントだ。

ロードレースをしている者にとって、この鈴鹿8耐は夢であり、

限りなく不可能に近くても目標だっていう人、多いんじゃないんですかね。


ちょっとここで余談なんですが、

創設者がレースを始めたころ、鈴鹿8耐の前座レース、

鈴鹿4時間耐久ロードレースはノービス(現国内ライセンスライダー)の祭典と言われ、

この4耐参戦を夢見てレースを始めた人も多かったんですよ。

創設者も高校生のころから、いつかはあの4耐に出たい。

と願っていましたが、エントリーすることさえできませんでした(笑)

テクや根性の前に『金』がかかるんですよ!

まず、走りたくてもRSTZでレースをしていた者にとっては、

マシンカテゴリーが違うため別に市反車ベースの耐久参戦用のマシンが必要になってくる。

なので、そういったマシンを持ってる友達をたくさん作っておかないと無理なわけだ(笑

まぁ、とんでもなく速いライダーだったら

「うちのマシンに乗らないか」ってことになるのかもしれないが、

その点、創設者は不利だったな~~~~~わはは~

1987年、富士〇〇ードウェイのライセンス講習で講師のおっさんが軽く言った言葉。

『お金のない人はレースをやらないでください』

まさにその通り。

だからレースをやってるやつらは働き者が多かったんだね~~

そんでその4耐の上に君臨する鈴鹿の8耐ときたら

日本のトップライダーたちの参戦だけにとどまらず

耐久レースなのになぜかGPライダーが参戦したりして、

もう、ロードレースの超祭典なわけですよ(笑。


ということは参戦にかかるコストも 超祭典 なわけで、

エントリーする事は簡単でも、レースを走るのには相当なお金が必要となるんですね~



そんな若い頃からの夢だった鈴鹿8時間耐久ロードレースに

単純に 『出たい』 と申した男がいたのです。  「へっ??」

この人です ↓ 福島智和選手。


そして彼の思いが人を呼び、そしてまた走らせたいと思う人がさらに人を呼び、

なんなら地元熊本もアピールしちゃおってことで、

熊本のゆるキャラくまモンまで出てきちゃいました。

創設者もまさかここまで大がかりになるとは思いませんでしたが、

やるからには

『小さなミスより大きなアクション』

『やらなかったと後で悔むよりまし!』

ってとこで、創設者も応援しております(笑)

チーム名は 【阿蘇ライダーズベース&くまモン】

8耐参戦のノウハウを持つ熊本の2輪ショップラべレッツアが支援し

ライダーは8耐参戦経験を持つ堀義光選手/首藤和徳選手と福島智和選手だ。


夢をかなえるって大変だけど、素晴らしいことだと思う創設者なのであった!



鈴鹿8耐!チーム阿蘇ライダーズベース&くまモン ←フェイスブックページです。




スポンサーサイト

No title

無事走り切れるといいですね^^
自分もいつか8耐に出たいなぁ。
[ 2012/07/25 04:30 ] [ 編集 ]

No title

4taisuke8君
ホント完走してほしいですね!
8耐ってライダーを特別に引きつけるものがあるよね~
[ 2012/07/25 12:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/395-fdc9a690