FC2ブログ














ピストン観察(笑)

 ピストン観察です。むむむ・・・

 yamaha kt

 それも2サイクルエンジンの。。。笑

 といっても現役2ストエンジンのですよ。

 RSやTZ125のものではありません。。

 2ストモトクロのものでもないです~

 だからって草刈り機じゃないですよ。

 レーシングカートのピストンなんです。

 100ccの空冷単気筒、ヤマハ製です。

 左と右、別々のエンジンで使用されたピストンですが、

 走行距離数・時間はほぼ一緒、コースのラップタイムも同レベルのドライバーのものです。

 左と右、見比べてみます。。


 ん~~~。。。んん~・・・むむぅ


 この画像から見た左ピストンと右ピストンの違いは・・・

 ピストンヘッドの カーボンンの付き具合ですかね~(笑)

 左ごっそり、右薄しって感じですか。

 はい、真上から。。。一目了然ですな。。オイルの混合比も左右一緒だそ~です。

 yamaha kt

 へ? って感じですが、

 これ左と右の使用しているオイルの違いなんですな。

 バイクでゆ~と、左は混合使用オンリーの競技専用2サイクルオイルを使用したピストンで

 右は分離混合兼用のストリート使用可能な2サイクルオイルを使用したピストンなんだな。

 で、なんでこの違いかとゆ~と、左ピストンに使用したオイルには清浄剤が入っておらず、

 右ピストンに使用したオイルはストリート走行を仮定しているので清浄剤が添加されているよ。
 (ストリートエンジンはオーバーホールあんまりしないからね・・)

 なので、右ピストンにはカーボンがあまり付いていないんだな。

 なんでわかるのかって?  だって2ストマニアだも~~ん(笑)

 耐焼き付き性はもちろん競技専用がだんぜん上回っていますが、

 しっかりキャブセッティングさえしていれば、

 ある程度のオイルを使っておけば焼きつくことなんかありませんね~

 ただ、勝つために走るレースでは競技専用品の方がいいかと思いますが。

 


 で、 ここで終わったらいけないですね~~

 ハイ、裏返し。。。

 yamaha kt

 左右こちらも違いますね~~

 あれっ? って思ったあなたは2ストマニアの仲間入り~~笑  なんちゃって

 左のピストンヘッドはカーボンバリバリでしたが、裏側は全くきれいそのもの。

 反対に右ピストンヘッドはカーボン薄しだったのに裏側は真っ黒。。

 ピストンの裏側は1次圧縮される生ガスなので燃焼カーボンではありませんね。

 とゆ~ことは熱で酸化した生成物=ワニス(バー二ッシュ)状のものってことになります。

 よ~するにピストンの裏側の熱で生ガスが焦げついた跡なんですな。

 ピストンの裏側に焦げ付きが多すぎるとピストンが冷えにくくなるので要注意です。。


 バイクのピストンだったらの話

 創設者が勝手にセッティングを妄想
すると、


 左のピストン君はもうちょっと裏側に焦げがつき始めるまでピストン君を熱くしてやります(笑)

 ピストンヘッドのカーボンを見ると、量は多いけど質は乾いたカーボンなので

 キャブセッティングは ある程度ばっちりと仮定したら・・・

 そ~ですね~、、小さなミスより大きなアクションです!


 オイルを信じてオイルの混合比をガツンと薄くします(笑)
                                    【補足:段階的にねっ】

 よほど点火時期がくるってたりとか燃料を絞らない限りデトネなんか起こりませんからね~

 そ~するとピストンヘッドのカーボンが少し減って、裏側が少し茶色くなるでしょ~ね~

 アクセルレスポンスも若干向上すると思いますが。。。。笑

 次に右側のピストン君、こっちはベースオイルが熱に弱くて

 ピストンの熱で裏側の生ガスが焦げ付いているのか、

 キャブセッティングが濃い目なのか不明ですが、

 おそらくこれがベストなんでしょうな~ 。。

 こっちは恐くて混合比はこれ以上薄くできません。。


 カートはバイクと違って変速機が無く使用回転域もワイドなのでまた違うでしょうし

 あくまでも創設者の勝手な妄想なのでノンクレームでございます。。。


 ちなみに創設者が若かりし頃乗っていたホンダRS125のピストン裏側は

 常に黄金色になるようにセッティングしていました。。。(オイルによっても違うと思いますが)

 そんでもってデトネギリギリがスーパーパワフルですかね。。

 パワーバンドの上でターボがかかったみたいになったらピストン君がとろけてます(笑)

 その後乗ったTZ250は黄金色にはなりませんでしたね~

 結構黄金色にこだわったんですが。。。笑

 
 

 


 
 
 

スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/55-bd79609d