FC2ブログ














ブレーキ用のペーストをパソコンに使う創設者。。。

眠っていたずいぶん前のパソコン内部の掃除をしようとカバーを開けた時に
せっかくなのでついでにcpuのグリスを塗りかえることにしました。。
パソコンにはcpuは発熱するのでヒートシンクと呼ばれる放熱板が装着されています。
そのヒートシンクに熱を逃がすためにcpuとヒートシンクをグリスで密着させています。
以前はシリコングリスが使われていましたが、最近はシルバーグリスとか
セラミックグリスとかいった耐熱性の高いモノが使われているようですが、
創設者的には通電性のないセラミックグリスのほうが利にかなっていると思うので、
パソコン屋さんにセラミックグリスを買いに行きます。。。


ってゆ~のはウソです(笑)


創設者の場合は自動車のブレーキパッドに使われるセラミックペーストを使います。。
ファンのついたヒートシンクを外してプロセッサー上の古いグリスをふきあげて・・・
この四角い銀色の板がプロセッサー、cpuですね~
セレロンってゆ~プロセッサーですが、よ~く印刷?されている字を見てみると・・・
フィリピンって書いてあります!フィリピンで作られているんですねぇ~意外です。。
ずいぶん昔のcpuですがクロックが少々高めなのでネットぐらいだったら
全然問題ないレベルなのでパソコンとしてはまだまだ使えます。
↓↓↓



こちらがヒートシンク(放熱板)のcpu側。銅でできてるみたいですね~
cpuと密着していたグリスの痕跡がうかがえますね。
↓↓↓


↑↑↑
で、ここに創設者が使うのがこれですな。。
自動車のブレーキパッドに使うセラミックペースト。
以前、別のパソコンに使用してcpu温度が下がりました。。
(たまたまだと思いますが・・・笑)
結構創設者のお気に入りで、4サイクルと言えば2サイクルの創設者にはぴったりです!
(なんのこっちゃ)
そしてcpu上面に少しだけこんもりとセラミックペーストをのせて・・・
ヒートシンクで押しつぶすように装着すればまんべんなく密着ですね~~
↓↓↓


これでcpuグリスアップは完了です。。。
バイクで言うとオイル交換ですかね・・・笑
これでオーバーヒートは少し抑えられるかな。。。

っつ~かよく考えたらこのパソコンにつなげるモニター無いんですね~
ということでしばらくこのパソコンは冬眠です。。。ハイ

こう考えてみると発熱するものはバイクもパソコンも似たような対策方法だなと・・・
最近はパソコンにも水冷があるらしいですが、
このパソコンは空冷に電動ファンをつけて強制空冷ですな。。。
で、熱の伝導を良くするために油分を使うということで、
本日のくだらないネタは終了です。。わははは・・・

スポンサーサイト



[ 2010/02/23 20:15 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blogdesuna.blog.fc2.com/tb.php/9-ec3e0b9c